VOL.22 第4回
どうも。ディフェンスリーダーの下机とセーフティーのポジションの座をかけ、競っている#12金井洋太です。
レシーバーのリーダーをやっていますが、実は一年生のときはディフェンスでした。
勧誘期間に入り、新入生を見ていると、自分が新入生だったことを思い出しました。
そこで自分がどうしてアメフト部に入部したのかを思い出しながら書いてみたいと思います。
声をかけられたのはオリエンテーションの合間でした。当時四年生の松本さんでした。
アメフトのことはアイシールド21の影響で知っていたので花見に参加しました。花見では先輩達がいろいろ話してくれて、とてもフレンドリーでした。
フレンドリーで優しい先輩と、活気のある部活の空気が好きになり、初日以降ずっとアメフト部の人達といっしょにいました。いっしょに居て、大学生活で不安だったことも相談してもらいました。特に履修相談をしてもらったことが大きかったです。履修のことはわかりづらかったし、大学生活の先輩のアドバイスが聞けたおかげで今考えると良いスタートが切れたと思います。
不安もなくなり、アメフト部の人達といるのが楽しくなってきた時にタッチフット大会が開催されました。
タッチフット大会がアメフト部に入部したいと最終的な原因だったと思います。実際にプレーしたことによりアメフトをやりたくなりました。
ざっと大雑把に自分のことを振り返ってみました。アメフトの魅力もありますが、アメフト部の雰囲気に惹かれたところが大きいかなと思います。
今年の新入生にもアメフト部の雰囲気を感じてもらえるように良い意味で騒いでいきたいです。
来週は素晴らしいテーピングさばきで金井洋太がお世話になっている#009芳賀葵に任せたいと思います。
#12 金井洋太